本文へスキップ
ママの健康と健やか育児、女性の健幸を応援します

電話でのお問い合わせはTEL.080-3899-0625

〒738-0013 廿日市市廿日市2-6-6-305

骨盤ケア

〜骨盤ケアで行う施術は本来の全身バランスを整えていくのが目的です〜
〜体は、自分で治ろうとする力を持っていますから、その後の生活の過ごし方やセルフケアもお伝えします〜


妊娠による骨盤の緩み・歪みによる症状には、
腰やお尻・恥骨・足の付け根の痛み、背中や肩のコリ、
尿漏れ、痔、子宮の下垂感などがあります。


また、ママ達がよく訴える症状として、
お腹がよく張る、お腹が前にせり出す、寝返りが痛くてできない、
逆子がなかなか治らない、お腹が下がる
…など。

これらも骨盤の緩み・歪みからきているといわれています。


赤ちゃんが育つお部屋である子宮は、骨盤内臓器の一つになります。
赤ちゃんのお部屋は、まあるくてふわふわしている方が、心地よさそうですね。

骨盤が緩むと、重力に従い子宮も下垂しやすくなります。
結果、
お腹が下がる、張りやすくなる(硬くなる)といった症状が出てきます。

骨盤が歪むと、子宮もつられて歪みますから、赤ちゃんのお部屋の心地のよさは低下します。
例えば逆子ちゃんが頭を下に戻したいと思っても、お部屋にまあるさがないと戻りにくくなります。

骨盤には「産道」という重要な役割があります。
赤ちゃんがこれから通るであろう道が歪んでいたら、赤ちゃんにも苦労をかけてしまいますよね。

骨盤は赤ちゃんが育つ子宮の受け皿でもあるし、通り道にもなります。
ママがしんどいと赤ちゃんもしんどい、ママが楽になると赤ちゃんも楽になります。

気がついたときがケアの始まり。
妊娠早期からケアされるのが一番理想的ですが、
気づかれたら始めて下さい。

ママのからだは赤ちゃんのおうち、お部屋は子宮。
生まれた赤ちゃんを抱き育てるのもママのからだ。
いつも赤ちゃんはママにからだを預けて暮らしています。


骨盤をケアして、赤ちゃんのお部屋も心地いいものにして、安産をめざしましょう。

また、お産を頑張った後は、骨盤を通って赤ちゃんが出てきますから、緩みが一番大きい時です。
なるべく早めのケアが必要となります。


information

マミィケアひだまり

〒738-0013
廿日市市廿日市2丁目6-6-305
TEL.080-3899-0625

完全予約制

 9時〜17時
日曜祝日はお休みです
土曜日はお問い合わせ下さい

外部リンク




助産師が行う子育て支援グループ 「すこやか家族ひろば“ほっぺ”」

廿日市市民活動センター(和室)にて、活動中